ひなみ大学

学問は、アートです。 世界の見え方が一変します。
学問は、スキルです。 世界との関わり方を教えてくれます。
学問は、ホビーです。 世界が遊び場になります。

【開講日】 毎週木曜日 19:30〜21:30
【主対象】 中学生~

ひなみ大学では、大人力を鍛えます

大人力とは
①心が動く=日々感動し、感謝すること
新しいことを知ると、そこには常に感動があります。このクラスでは、塾長が「探Q」というユニークな問いを用いてあらゆる学問を「知的エンターテインメント」に変貌させ、私たちの学習意欲を引き出してくれます。(裏面に探Q具体例を記載しています。)

②体が動く=自ら行動し、結果を出すこと
「知っているけど、できていない」というのは、本当は「分かっていない」。本校では、知識をインプットするのみならず、プレゼンやディベートなどのアウトプットを通して、その実践的な活用法を学びます。これは行動力に直結し、「学ぶ→動く→伸びる→更に意欲的に学ぶ」という成長のサイクルをもたらします。

③人が動く=自然に人が集まり、動いてくれること
ひなみ大学には、学生、社会人問わず、自分を常に磨き続けている方々が多数在籍しています。クラス内では、グループディスカッションで意見をぶつけ合い、クラスが終わるとお互いの近況報告をし合ったり、時にはお互いにアドバイスをし合ったりしています。本気で学ぶ場だからこそ、本気の人が集い、本気の言葉が交わされ、人と人、アイディアとアイディアの化学反応が起こります。

講座の特長

言語力

最適な言葉を選ぶ力、すなわち「言いあてる力」です。(語彙数が多いことではありません)

発想力

新しいこと、あなたらしいことを「思いつく力」です。

思考力

ものごとを論理的に関連づけて「考え抜く力」です。

「探Q」とは?

「問い」は、常に「答え」の先を行きます。良い問いは学習意欲を引き出し、答えを探す過程で深い理解と爆発的な成長を促し、更には行動をも誘発します。すなわち、そのような問いは、「自分という小宇宙」と「世界という大宇宙」をめぐる探検へとココロ、カラダ、アタマをまるごと駆り立て、扉を開き、答えそのものを得ることよりもはるかに豊かな体験をもたらしてくれるのです。

ひなみ大学は、そのような問いに楽しく全力で取り組むことを通してアートとしての学問を学び、スキルとしての学問を身につけ、ホビーとしての学問を楽しみ、そして日々の生活における実践へと結びつける場所です。

そこで、「探求」と「QUESTION」を掛けあわせ、「ワクワクするような問いを立て、答えを求めて皆で一緒に探検する」というこのクラスの営みを「探Q」と名付けます。

講座の流れ

①前回までの復習と問いかけ

①前回までの復習と問いかけ

講座がスタートすると、まず前回までの講座の復習を行います。繰り返しポイントを反復することで、知識が定着します。
復習のあとは、塾長から投げかけられる、テーマにそった面白い問いかけについて、3~4人グループに分かれて話し合い、グループの代表者が話し合いの結果を発表します。

②探Qプレゼン

②探Qプレゼン

3ヶ月に一度、プレゼンにチャレンジします。自分なりの根拠を持って、「探Q」と呼ばれる、塾長が作成したユニークな問いに答えます。
他の受講生さんが相談にのってくれる「サポーター制度」があります。プレゼンに取り組むことによって、論理的思考とコミュニケーション力が鍛えられます。

③ポイント解説とグループワーク

③ポイント解説とグループワーク

学問の深さはそのままに、塾長が分かりやすく解説します。ただ知識をインプットするのみならず、アウトプットを通してその実践的活用法を学びます。
今日のポイントを踏まえて、さらにグループで話し合い、理解を深めます。「解説→実践→解説→実践」を繰り返します。

④今日の一番の学び

④今日の一番の学び

講座の最後に「今日の一番の学び」を、全員がホワイトボートに板書し、署名します。自分の言葉で表現し、みんなで共有します。
講座終了後、講座での学びや自分の変化や日常での質問などを「成長の記録」と呼ばれる用紙に記入し、提出します。この「成長の記録」は、翌週、塾長からのコメント入りで戻ってきます。

受講生の感想

僕がひなみ大学を受講し始めてから約1年半になりますが、毎回、塾長から、何か大きな問いかけ(例えば「自由とは何か?」、「ルールは何のためにあるのか?」など)を与えてもらい、それについて、自分が納得するまでじっくり考えさせてもらっています。おかげで自分の中に一本軸が通っていくのを実感していきます。講座で習った「生産性」という言葉は、自分のテーマになっています。 また、実際にお仕事をされている方々と直接お話できるのは本当に勉強になります。学生のうちに、この講座を受けることができて、本当に幸せです。 ひなみ大学を受講し、「楽しく学ぶことこそ自分の人生を豊かにする」と気づき、以前よりずっと人生が豊かになっていると断言できます。

井村秀利さま 社会人

私は、10月の「西洋哲学」から、ひなみ大学を受講し始めました。今一番に感じていることは、「なんでもっと早く受講しなかったんだろう!?」ということです。 これまで何度も本を買っても毎回挫折、難解でとっつきにくいと思っていた哲学ですが、ひなみ大学を受講して、これが思い込みだったと悟りました。塾長の解説によって、長年疑問に思っていたことが、毎回みるみるうちに腑に落ちていきます。 さらに、年齢・性別・職業も様々な受講生仲間たちとのディスカッションが刺激になっていて、自分も負けじと自然とやる気が湧いてきます。 私は、来年からオーストラリアに留学し、大学院に在籍する予定です。来年の今頃も、海の向こうから、「講座を受けたい!」と思っているに違いありません。実は、「大学院で学べることより、ひなみでやってることのほうが濃密でレベルが高いんじゃないかな?」と密かに思ってます。この思いは、一度ひなみ大学を体験されれば、分かっていただけると思います。一時帰国のときには、絶対に受講する予定です。 「10年前から受けてたら、自分の人生もっと変わっていただろうな…」と思いつつも、すでに、私の人生に大きな影響を与えてくれています。「これからもずっと、もっと、もっと、もっと!哲学したいっ!!」そんな強い思いが、心の底から湧き上がってくるそんな講座です。

荒木雅子さま 社会人

中3の長男が英語や武道などでお世話になっています(実は、密かに住み込みでお願いできないかと思っている程です)。 常に感じていることですが、子育てとは、親である自分自身の生き方の反映でもありますよね。自分の価値観や常識を超えて子どもの観ることは難しく、私は、今まで、様々な塾や家庭教師などを試しては、いつも悩んできました。そして、やっとひなみ塾で我が子に合う学びの場と出会うことができました。塾長の師としての佇まい、温かいフタッフのみなさま、子どもの将来を見据え、進学指導ではなく「生きる力」を求め集った理解ある保護者のみなさま。そして塾生のみんなの真剣なまなざし。 実は、私も母親としてのレベルアップを目指し、ひなみ大学で学ばせてもらってます。43歳の手習いで、若くみなさまから元気と刺激をもらいながら、楽しく学んでいます。 ひなみ塾という名前は、「日並(毎日やること)」という古語が由来だと聞きました。この言葉のように、毎日を大切に過ごし、親子共々、より豊かな生を送れるよう努力してまいります。

岩根美香さま 主婦

講座要項

日時毎週木曜20:00~21:30
会場ひなみ塾(熊本市中央区白山3-1-4 ウィンディビル2F)
受講料10000円/月(税別、月謝制)
定員25名
申込/問合せTEL 090-1947-1054(ナカンダカリ)
Email juku@hinami.org
講座を体験する
または
講座を見学する

よくある質問

何歳から入塾することができますか?

「こくごとさんすうジュニア」クラスは主たる対象が幼児(年長)〜となっております。 まずは下記お問い合わせフォームより問い合わせください。

大人でも入塾できますか?

ひなみ塾の講座は、全て子どもから大人まで誰でも受講できます。

小学生でも英語の講座を受講できますか?

発声・発音については「こくごとさんすう」「こくごとさんすうジュニア」の講座内で行います。
小学生のうちの語学学習は母国語である日本語に専念すればよいというのがひなみ塾の基本的な考えですが、順応力が非常に高いこの段階で英語の発音練習をしておけば、「英語が得意」という自信がつき、中学以降の英語学習に弾みがつきます。
詳しくは各クラスページをご確認ください。

ひなみ塾で学校の成績は伸びますか?

ひなみ塾では定期テストや受験対策などは行っていません。
ひなみ塾は、「生きる力」を育むための私塾であり、いわゆる「進学塾」ではありません。良き習慣の定着と日々の学習の丁寧な積み重ねによって「学ぶ楽しさ」「伸びる喜び」「仲間との絆」を知り、大きな学力を育む場です。「高校どまり」「大学どまり」になることなく、大人になってからもぐんぐんと成長し続け、幸せをつかみ取る礎となるのは、そういう一朝一夕には身につかない骨太な力であると信じるからです。
詳しくはひなみ塾TOP、ひなみ塾の全体像のページをご確認ください。

定期テストや受験対策などもやっていますか?

ひなみ塾では定期テストや受験対策などは行っていません。
ひなみ塾は、「生きる力」を育むための私塾であり、いわゆる「進学塾」ではありません。良き習慣の定着と日々の学習の丁寧な積み重ねによって「学ぶ楽しさ」「伸びる喜び」「仲間との絆」を知り、大きな学力を育む場です。「高校どまり」「大学どまり」になることなく、大人になってからもぐんぐんと成長し続け、幸せをつかみ取る礎となるのは、そういう一朝一夕には身につかない骨太な力であると信じるからです。
詳しくはひなみ塾TOP、ひなみ塾の全体像のページをご確認ください。