こくごとさんすうジュニア

〜習慣の英才教育はチャレンジから〜

【開講日】 毎週金曜日17:00〜18:30 毎週土曜日10:00〜11:30 毎週月曜日17:00〜18:30
【主対象】 小学校低学年~

幼児から小学校低学年に身につける習慣のキーワードは「自発性」。「自分で、自分から、自分のためにすると、なんだかすごく気持ちいい」と、理屈抜きに体でおぼえてしまうことが最優先です。絶対にやってはいけないのは、「ほめて伸ばそう」とすること。そうすると、「ほめられるためにがんばる」という回路がこの年齢で出来上がってしまい、学ぶことや成長することそのものからくるよろこびに突き動かされることが難しくなるため、「ごほうびがなければやらない子」になってしまいます。 そこで、「こくごとさんすうジュニア」クラスでは、子供が自然にのめり込むように工夫を凝らしたオリジナル教材を使い、適切な距離感を保って見守りながら、子供が「自分で、自分から、自分のために」するよう習慣づけます。

講座の流れ

1

学ぶ楽しさを知る1サイクル目

2

伸びる喜びを知る2サイクル目

3

先輩としてクラスを引っ張り、
後輩のお手本になる3サイクル目

Why choose Us?

①あいさつ

講座開始時のあいさつの号令は、必ず希望者を募って行います。号令は「きをつけ」のみで、呼吸を併せて、全員で一礼。これによってリーダーシップとチームワークを養います。

②さんすう
②さんすう

②さんすう

さんすうは計算と図形にパズル形式で楽しく取り組みます。計算パズルでは、基本的な計算をできるようになることを目指します。図形パズルは、右脳を鍛え、算数のセンスを育むのみならず、発想力を磨きます。自発性を育むため、問題が解けた時や、分からない時は、自分から手を挙げます。小学校高学年を主たる対象とした「こくごとさんすう」受講生もアドバイザーとして講座に参加し、リーダーシップを身につけます。

③こくご

③こくご

こくごでは、作文・漢字しりとり・間違いさがし等を行います。使用している教材は全て塾長オリジナル。語彙力・記憶力を伸ばすのはもちろん、知っている言葉を自在に素早く使いこなすことを通して、頭の回転速度を向上させます。3年生以上の受講生はパズルを解いたら、辞書を使い、パズル中の漢字や単語の意味を調べます。 語彙力を伸ばすのはもちろん、パズルができたという達成感から、自分から進んで辞書をひきます。

④そうじ

④そうじ

「日頃使っている教室を自分達できれいにしましょう」と塾生、スタッフ全員でそうじに取り組みます。ひなみ塾で取り組んでいる掃除は、 「やらされるもの」 ではなく、 講座終了時の 「一大イベント」です。 自分たちで改善提案を出し合い、 時間を計って全速力で行って、 昂揚感や達成感を毎回味わっています。 その結果、 今やわずか40秒程度で掃除を完遂できるまでになりました。

⑤スペシャル
⑤スペシャル

⑤スペシャル

月替わりでスペシャルコンテンツを準備しています。かけっこや長縄といった身体を使うもの、紙飛行機や糸電話といった工作などからなるコンテンツは全て、集中力、協調性、改善力、コミュニケーション力などの要素を盛りこみ、これらが自然に身につくようにつくられています。 また、一つ上のクラスの小学校高学年を主たる対象とした「こくごとさんすう」受講生もアドバイザーとして講座に参加するため、「先輩」 という身近な目標ができ、成長意欲が高まります。

Why choose Us?

⑥えいご

「日本語の習得が第一」という立場から、えいごでは発音のみを練習。発音は口周りの筋肉の運動であり、子供の頃に身につけた方が効率的で、一生ものの財産になります。音声学的に正しい音を「口の形」「舌の位置」を真似し、お腹の底から声を出すことによって、rやthなどの全ての音を完璧に発音します。結果、日本語の発音も格段に良くなります。

Why choose Us?

⑦あいさつ

講座の終了時にも、号令の希望者を募り、あいさつを行います。講座を通し、「できた!」という達成感から、開始時よりも終了時のあいさつの方が声も大きく、揃ったあいさつになります。

年間スケジュール

右側のボタンよりダウンロードください。 年間スケジュール

受講生・保護者の感想

おやびん(塾長)は、教え方が分かりやすく、話が面白いので、一時間半があっという間に終わってしまいます。
ひなみ塾の算数は、学校の算数と違って、パズルになっているので、正解すると嬉しくて、次の問題を解くのが楽しいです。

また、スペシャルコンテンツは「長縄」が大好きです。
集中して、みんなで力を合わせて、たくさん飛べたとき、気持ちいいからです。
これからも、ひなみ塾でいろいろなことを学びたいです。

原野愛理さま 受講生

ぼくが一番好きなのは「サイコロパズル」です。
最初は難しかったけど、おやびん(塾長)にヒントを貰ってから、速く問題が解けるようになって、とても嬉しいです。
みんなで取り組んでいる「掃除」も、毎回少しずつタイムが短くなっていくのが楽しみで、みんなと力を合わせることも勉強になっています。

バウアー富男さま 受講生

最近は英語教育が注目されていますが、やはり日本人として、勉強だけではなく、日常生活や人間関係においても、まずは国語の読解力や表現力が大切ではないかと感じていました。
そんなときに、ひなみ塾を知り、見学し、国語の教育法に共感して入塾を決めました。

入塾してから、徐々に、表現力が身につき、本を読んでも理解が進んでいるように感じます。
また、先輩であるお兄さん・お姉さんの様子をまねて、自宅で辞書を使うことが習慣になり、「ことば」への興味も広がっています。

以前通っていた教室では、受け身の授業でしたが、ひなみ塾に通い、分からないところがあったら、自分から手を挙げて質問できるようにもなりました。
日常生活でも積極的に自分の意思を伝えようとしています。
通いだしてまだ半年ですが、様々な場面で少しずつ成長を感じています。

村上由美さま 保護者

娘が年長のとき、「こくごとさんすうジュニア」を見学・体験しました。
その時の、塾長の人を惹きつける言葉の力と集中して問題に取り組む子供たちの姿を見て、ここで楽しく学んでもらいたいと受講を決めました。

あれから、約三年経ちますが、娘は何事にも意欲的に取り組むようになりました。
算数のパズルでは、躓いても最後まで解こうとする姿が見られ、答えが出ると嬉しそうにパズルを見せてくれます。
確実に一歩ずつ「良い習慣」が身についているのを感じています。

原野麻美さま 保護者

クラスを見学するたびに感じるのは、ほどよい緊張感の中で、活き活きと、そしてのびのびと学びを進める子供たちの姿です。
実際の学びは一人一人のペースで進めているにも関わらず、仲間と塾長・スタッフが一丸となっている「場」があるからこそ、あれだけの集中力を持って取り組めるのだと肌で感じることができます。
講座後に、しっかりと自分の頭を使って考えてきたあとの、軽い興奮状態の子供達に出会えるのも、ひなみ塾あってのことだと思います。

バウアー治子さま 保護者

講座要項

日時 [月曜クラス] 17:00〜18:30
[金曜クラス] 17:00〜18:30
[土曜クラス] 10:00〜11:30
主対象 幼児〜小学校低学年
定員 各クラス25名
受講料 10000円/月(税別、月謝制)
会場 ひなみ塾(熊本市白山3-1-4 ウィンディビル2F)
申込/問合せ TEL/090-5734-5406(担当 コミヤ)
Email juku@hinami.org
講座を体験する
または
講座を見学する

よくある質問

何歳から入塾することができますか?

「こくごとさんすうジュニア」クラスは主たる対象が幼児(年長)〜となっております。 まずは下記お問い合わせフォームより問い合わせください。

大人でも入塾できますか?

ひなみ塾の講座は、全て子どもから大人まで誰でも受講できます。

小学生でも英語の講座を受講できますか?

発声・発音については「こくごとさんすう」「こくごとさんすうジュニア」の講座内で行います。
小学生のうちの語学学習は母国語である日本語に専念すればよいというのがひなみ塾の基本的な考えですが、順応力が非常に高いこの段階で英語の発音練習をしておけば、「英語が得意」という自信がつき、中学以降の英語学習に弾みがつきます。
詳しくは各クラスページをご確認ください。

ひなみ塾で学校の成績は伸びますか?

ひなみ塾では定期テストや受験対策などは行っていません。
ひなみ塾は、「生きる力」を育むための私塾であり、いわゆる「進学塾」ではありません。良き習慣の定着と日々の学習の丁寧な積み重ねによって「学ぶ楽しさ」「伸びる喜び」「仲間との絆」を知り、大きな学力を育む場です。「高校どまり」「大学どまり」になることなく、大人になってからもぐんぐんと成長し続け、幸せをつかみ取る礎となるのは、そういう一朝一夕には身につかない骨太な力であると信じるからです。
詳しくはひなみ塾TOP、ひなみ塾の全体像のページをご確認ください。

定期テストや受験対策などもやっていますか?

ひなみ塾では定期テストや受験対策などは行っていません。
ひなみ塾は、「生きる力」を育むための私塾であり、いわゆる「進学塾」ではありません。良き習慣の定着と日々の学習の丁寧な積み重ねによって「学ぶ楽しさ」「伸びる喜び」「仲間との絆」を知り、大きな学力を育む場です。「高校どまり」「大学どまり」になることなく、大人になってからもぐんぐんと成長し続け、幸せをつかみ取る礎となるのは、そういう一朝一夕には身につかない骨太な力であると信じるからです。
詳しくはひなみ塾TOP、ひなみ塾の全体像のページをご確認ください。