しごとの学校

本当にやりたいことは、仕事にする。
〜手には仕事を ポケットにはお金を 心には安らぎを〜

第8期「しごとの学校」の受講生を募集します。
まずは、ガイダンスへご参加くださいませ。
・ ガイダンス 4月23日(日) 10:00~12:00
        5月14日(日) 10:00~12:00
  ※参加費無料 要事前申込

【開講日】 第8期 2017年5月21日(日)~2018年3月11日(日) ※毎週日曜 10:00〜12:00
【主対象】 中学生~

「自分に最も合った仕事が、自分とまわりの人々を最も幸せにする」というのが、このクラスの根幹をなす考え方です。よって、学習内容はいわゆる「ビジネススキル」にとどまらず、自分を知り、人間を知ることを重視します。また、講師による講義と受講生のみの実践演習を交互に行い、「わかる」から「できる」へと着実に成長するプログラムです。
□プログラム□
時代を見抜く~今は何が成功する時代なのか
自分を知る~そもそも私は何がしたいのか
商品化する~お金になる/ならないの境目はどこか
相手を知る~私にとって最良のお客は誰か
伝える~響くメッセージはどこが違うのか
商品を磨く~何をすれば売れる商品に生まれ変わるか
お客様を増やす~なぜあの人にはお客がつくのか
継続する~なぜあの人はがんばり続けられるのか
仕事を改善する~伸びる人はどこが違うのか
ビジネスとして発展させる~何にお金を使えばよいか

講座の流れ

学びのステップアップ①

終了後も、講師の黒川裕一がアドバイザーとなります。
※修了生のプロジェクトは、「しごとの学校」が全面的にバックアップし続けます。

学びのステップアップ②

修了生のコミュニティ「しごとcafé」では、勉強会(毎月)や、修了生が講師となるイベントを行います。

学びのステップアップ③

修了生活動報告会 ~ 10月23日(日)13:00~15:00

学びのステップアップ④

チラシやHPで、告知/広報/モニタリングなどのお手伝いをします。

年間スケジュール

受講生の感想

「しごとの学校」を修了後は、一つずつプロジェクトの内容を固め、ひなみ塾の皆様にも協力していただき、アンケートや模クラスでニーズをさぐりチラシを何度も再考し完成させマイプロジェクトをスタートしました。修了生には、塾長が、何度でも相談に応じて下さいます。私も多い時は週に3回も見て頂きました。加えて、終了後もいつでも講座を受けることが出来、ずっと勉強を続けることが出来ることも、この学校の魅力です。「しごとの学校」に通って特によかったと思うことは、これでよかったのかと揺らいだ時に、それが、お金をもらわなくてもしたいことであるということに自信を持てることです。それが明確になったと事は一生の財産です。そして、それが形になったとき、信じられない気持ちでいっぱいで、こんな気持ちを生きている間に味わえるなんて!と感激しました。3クラスから始めたプロジェクトも、今では6クラスになりました。これからも、大好きな仕事を一生続けます。

緒方広子さま 2012年11月開業  第2期修了生 「教えてママ」

今年、退路を断ち仕事がみつからなかったら帰国もやむなしと必死に挑んだ試験で、精神科トレイニーの職を得ました。イン  タビューに呼ばれ、オファーをいただいたときは本当に感激しました。ところが、まさかの採用取り消し。それから、再びチャレンジの日々。結果、12月の初旬に全てのアセスメントに無事に合格し、こちらで精神科の医師として働ける仮免許証に当たるものを無事取得しました。知らせを受けたときは、胸がいっぱいになりました。これからも、様々な試験がありますが、最初の難関は突破。豪州のクリスマス休暇が明けたら、就活を始めます。「しごとの学校」で学んだことはいつも胸にあります。心からやりたいことを仕事にしたい。好きなことを続けたい。この1年、学んだ様々なこと、特に「自分のルーツ」を大事にすることをいつも意識しました。そしていつもの力の5倍くらいの勢いでがんばりました。今、オーストラリアでの仕事での足がかりをつかんだばかりです。緊張と不安を持ちつつもわくわくしています。これから数年、このペースで頑張り続けたらきっと道が開けると信じています。

荒木雅子さま 2014年1月 渡豪 第3期修了生

ようやくキャンベラホスピタルに就職が決まり、間もなくキャンベラに引っ越しすることになりました。 今は就労ビザの審査をまってるところです。現在就労ビザの取得はこの国でも大変難しく、ようやくここまできたか・・、と感慨深いものがあります。2014年1月シドニーに降り立ちそれから2年半が経ちました。この間、予想外のこと、くじけそうになることもたくさんありました。ですが、オーストラリアでしたいことが山ほどある、したいことはここにあるんだ、と思うと、倒れてもくじけても立ち上がる、行動するの繰り返しでした。いろいろな困難を乗り越え、やっと出発地点(第一段階のゴールでもあります)の精神科の医師としての仕事を得るというところまでこれたのは、しごとの学校で塾長や同期生の仲間に支えられ、自分と仕事の関係を一年近くにわたり見つめなおすことができたおかげです。どうしてそこまでがんばれるの?と知人から聞かれることが何度もありましたが、彼女たちに「しごとの学校」での経験を伝えてました。
「好きなことを仕事にしたい」
 2012年の一年弱、しごとの学校で学ぶことで、日本での精神科医の仕事を見つめなおし、自分を理解し、発見し、本当にやりたい仕事に結びつけてくれました。英語で勤務ということでプレッシャーは大きいのですが、これから広がる可能性にワクワクしています。
人生はそうは長くありません。あのときにしごとの学校にいくという決断をしてよかったな。その1年前に英語の学校に出会ってよかったな、としみじみ思います(理加ちゃん、蔦屋でチラシをを配ってくれててありがとう)。これからまだまだわたしの「旅」はつづきます。くじけてしまうこともあると思いますが、やりたいことに全力投球でがんばり、必ずサバイバルしていたいです。

荒木雅子さま(2016年7月現在) 2014年1月 渡豪 第3期修了生

第8期 「しごとの学校」 要項

対象大学生以上(高校生以下は、応相談)
仕事の経験は一切問いません。特に、以下のような方をお待ちしています。
・仕事の生産性を上げ、現在のビジネス(自営、勤めを問わず)ブレイクスルーをもたらしたい方。
・趣味で身に付けたスキルや取得した資格を仕事に生かしてステップアップしたい方。
・自由になる時間を活用してプチビジネスを始めてみたい方。
・既に自営の仕事やサイドビジネスをしており、更にレベルアップしたい方。
定員20名(先着順) 
受講料20万円 (税別)  ※月々2万円×10回
会場ひなみ塾(熊本市白山3-1-4 ウィンディビル2F)
日程2017年5月21日(日)~2018年3月11日(日)
  毎週日曜10:00~12:00 (ただし第5週は休み。計40回)
※しごとの学校は、プログラム途中からの参加はできません。
申込/問合せTEL/090-8220-1010(担当 ミウラ)
Email qt@hinami.org
概要「自分に最も合った仕事が、自分とまわりの人々を最も幸せにする」というのが、このクラスの根幹をなす考え方です。
よって、学習内容はいわゆる「ビジネススキル」にとどまらず、自分を知り、人間を知ることを重視します。
また、講師による講義と受講生のみの実践演習を交互に行い、着実に「わかる」から「できる」へと成長するプログラムです。
講座を体験する
または
講座を見学する

よくある質問

何歳から入塾することができますか?

「こくごとさんすうジュニア」クラスは主たる対象が幼児(年長)〜となっております。 まずは下記お問い合わせフォームより問い合わせください。

大人でも入塾できますか?

ひなみ塾の講座は、全て子どもから大人まで誰でも受講できます。

小学生でも英語の講座を受講できますか?

発声・発音については「こくごとさんすう」「こくごとさんすうジュニア」の講座内で行います。
小学生のうちの語学学習は母国語である日本語に専念すればよいというのがひなみ塾の基本的な考えですが、順応力が非常に高いこの段階で英語の発音練習をしておけば、「英語が得意」という自信がつき、中学以降の英語学習に弾みがつきます。
詳しくは各クラスページをご確認ください。

ひなみ塾で学校の成績は伸びますか?

ひなみ塾では定期テストや受験対策などは行っていません。
ひなみ塾は、「生きる力」を育むための私塾であり、いわゆる「進学塾」ではありません。良き習慣の定着と日々の学習の丁寧な積み重ねによって「学ぶ楽しさ」「伸びる喜び」「仲間との絆」を知り、大きな学力を育む場です。「高校どまり」「大学どまり」になることなく、大人になってからもぐんぐんと成長し続け、幸せをつかみ取る礎となるのは、そういう一朝一夕には身につかない骨太な力であると信じるからです。
詳しくはひなみ塾TOP、ひなみ塾の全体像のページをご確認ください。

定期テストや受験対策などもやっていますか?

ひなみ塾では定期テストや受験対策などは行っていません。
ひなみ塾は、「生きる力」を育むための私塾であり、いわゆる「進学塾」ではありません。良き習慣の定着と日々の学習の丁寧な積み重ねによって「学ぶ楽しさ」「伸びる喜び」「仲間との絆」を知り、大きな学力を育む場です。「高校どまり」「大学どまり」になることなく、大人になってからもぐんぐんと成長し続け、幸せをつかみ取る礎となるのは、そういう一朝一夕には身につかない骨太な力であると信じるからです。
詳しくはひなみ塾TOP、ひなみ塾の全体像のページをご確認ください。